読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTC INFO

ビットコインがわかるブログ

ビットクラブネットワークでマイニング投資を始める

BitClubNetwork ビットクラブネットワーク ビットコイン 仮想通貨 投資 申し込み方法 コインペイ CoinPay マイニング 採掘 貯まる 上昇

f:id:btcinfo:20170315150237p:plain

今回は最近話題の「ビットクラブネットワーク」(Bitclub Network)という会社のマイニング投資について、なぜ今このビットコインマイニングへの投資が注目され、尚且つビットクラブネットワークが優良案件なのか、個人的な意見も含め色々検証していきたいとおもいます。

目次

 

 

ビットクラブネットワークとは

ビットクラブネットワーク(長いので以下ビットクラブと省略)とは世界中でビットコインのマイニング(採掘)という作業をしている企業です。

ヨーロッパ中に複数の採掘所とアイスランドの新施設(※参考動画)があり、メインホストサーバー、およびマイニングプールサーバーは、オランダに位置し、冗長施設が香港とスイスにあります。

 

【※参考動画】ビットクラブネットワークのマイニング工場(アイスランド)

 


プログラマー達は遠隔で作業し、サポートスタッフは在宅で作業をしているようですが、施設の見学ツアーなども開催されてます。
運営の妨げになったり、閉鎖に至らせるような失敗やコンプライアンスの問題が一切ないように意図的に構成されている、信頼の出来る会社と言えるでしょう。

 

ビットコインだけじゃない!ビットクラブが扱う仮想通貨とは

ビットクラブという名前から、まずビットコインの会社だと連想しますが、実はビットクラブネットワークで採掘しているのはビットコインだけではありません。

こちらのHPをご覧いただくと分かる通り、時価総額1位は圧倒的にビットコインですが、次いで2位のイーサリアム、11位のゼットコインの3種類の仮想通貨を日々、マイニング(採掘)しています。またビットクラブ独自のクラブコイン等もあります。

coinmarketcap.com

また、マイニングだけでなく、子会社にはCoinPayという香港のbitcoin決済サービスの会社等もあります。

 

マイニング(採掘)の仕組みについて知る

ビットクラブに参加する(出資する)と、ビットクラブがマイニング事業で得られたビットコインを、出資額に応じて決められた配当率で、日々ビットコインを得るようになります。

 

ビットクラブ日本語ビデオ 

youtu.be

 

そもそもマイニングって何?

マイニングを知るためにはそもそもビットコインが生まれる仕組みを知る必要があります。マイニングを明確に説明すると大変長くなるので、ビットクラブのHPから動画を見ていただくとわかりやすいと思います。

簡単に説明すると、ビットコインを他の誰かに送信・受信する際には、それらを成立させる確認・記録のための膨大な計算作業が必要になってきます。この作業を行った報酬としてビットが得られ、この獲得したビットが出資者に配当されていきます。

 

 ビットコインマイニング

youtu.be

 

動画でも説明しているように、ビットコインは発行上限枚数が決まっており更に
4年に1度の半減期によりどんどん発行される枚数が少なくなるため、希少価値がでて値が上がる事がよく金に例えられ、それを採掘するイメージから「マイニング」と呼ばれています。
もちろん実際は、コンピューターで膨大な計算処理をしているので、金のように鉱山から採掘しているわけではありません。

 

マイニングプールを購入する(=投資する)安全性を見極める

多くの企業が何故、マイニングのために投資者を募っているのか、何故配当がもらえるのか、その仕組みについて、またその安全性等について検証してみます。

f:id:btcinfo:20170323094510p:plain

マイニングに出資したお金は何に使用されているのか

ビットコインをマイニング(採掘)するには、現在莫大な費用がかかります。ビットコインが出来たばかりのころは、ソロマイニングといって、個人のパソコンでも出来るレベルでした。しかし、日々ハイスペックなマシン(PC)も性能の競争が激しくなり個人では難しくなってきたので、現在では、投資家からお金を募ってマシンを最新のものにバージョンアップさせたり、工場を増やしたりセキュリティを強化して、地盤を固めていく方法が主流となっています。 

そこでビットクラブでは小口で出資を募集しており、出資者は出資額に応じてビットクラブのマイニングプールをレンタルし、採掘されたビットコインを配当としてもらえるようになっています。

マイニング量や採掘速度は常に公開されている

ビットクラブ含めマイニングは以下の統計グラフでリアルタイムに確認できます。

blockchain.info

各マイニングプールが、どのくらいマイニングをしているかという情報は、第三者の機関ににより公表されています。むしろここに載っていない企業・団体はシェア率が非常に低い、または詐欺である可能性が高いのでお勧めはしません。

採掘速度まで公開されている

こちらはマイニング機械の性能を表すグラフです。

f:id:btcinfo:20170313025730p:plain

この数字のPHというのは採掘速度を示しています。このようにレンタル(出資)したマシンの採掘速度も常に公開されています。

 

ビットクラブは創業時8PH程でしたが現在では平均100PHを維持しており、最近では113PHを超えてました。これは現在でも設備投資で機械を増やしシェア率を上げる為日々アップグレードしているという事で、統計プールと合わせると成長率の目安にもなります。

 

ビットコインの上昇により配当で得るビットコインの価値が上がりますが、この数値が上がることにより採掘量が増え、日々の配当が上がっていくという事になります。

 

f:id:btcinfo:20170313025754p:plain

 

最近、日本での出資者が増えたことによりビットクラブサクラというマシンを追加している事が確認できました。 

ビットクラブの投資額と報酬プラン

プール①$500
プール②$1000
プール③$2000
創立者プール$3500
となっており、これに加えて登録料の$99がアカウント1つにつき1回だけ掛かります。支払いはドル建てで全てビットコインでの支払いとなります。

f:id:btcinfo:20170323083905p:plain

コインペイの代理店及び株式シェアによる収益

 $500の少額から投資出来るのですが、一番右のプラン『創立者プール(ファウンダーズ)』は凄い特典がついてきます。$3500で①~③のプールを全て1つずつ購入するプランでセット販売のようなものですが、特典として、香港のベンチャー企業のCoinPay社のトークン(株のようなもの)が貰えたり、そのCoinPay社が開発している決済アプリ内で使える暗号通貨(ClubCoin)が貰えるので、個人的には一番おすすめです。

 

運用方法によって配当率等も変わってくるので、細かく知りたい方は、ブログ右上にあるライン@にご質問下さい。

ビットコインの可能性

ビットコインは最近では法整備もされ、日本政府も「通貨」として認める動きがありました。 

www.btcinfo.site

 

日本はまだ出遅れている方ですが、世界各国でビットコインの利用出来る店舗が増加してきたことで流通も増え、ビットコインへの投資が注目されています。

 

www.btcinfo.site

 

ブラジルでは、金の取引量よりビットコインの取引量が上回るといった歴史的ニュースもありました。

 

www.btcinfo.site

ビットコインがこれから利用価値があがっていくのは一目瞭然ですね。

 

ビットコインの使用用途

ビットクラブの配当で得たビットコインは使い方次第ですが、大まかに3つの方法があると思います。

f:id:btcinfo:20170323094929p:plain

  1. 受け取ったビットコインを取引所などで現金化する

  2. 実店舗含めビットコイン取扱店が増えてきているので、そういった所で使う
  3. 今後の値上がりを期待して所持(投機)する

今後ビットコインは「使えるお金」としてもっともっと需要が増え、それにつれて値上がりしていくという先々の展望を踏まえ、賢く活用しましょう。

ビットクラブの登録方法と出資方法

 ビットクラブへの登録方法は、別記事に詳細にまとめてありますのでこちらをご覧下さい。分からない部分がありましたら、LINE@までお問い合わせお願いします。

www.btcinfo.site

 

初心者でもわかる!BitClubNetwork(ビットクラブネットワーク)の登録からマイニングプール購入手順について

ビットクラブネットワーク BitClubNetwork ビットコイン 仮想通貨 投資 口座開設 アカウント作成 申し込み方法 貯まる 暗号通貨

f:id:btcinfo:20170304112453p:plain

今回は、BitClubNetworkの登録からマイニングプール購入手順までをご説明します。

  

まずは会員登録

BitClubNetworkはこちらから登録できるので、まずは会員登録を。もし、英語表記になっている場合は右上のメニューからJapaneseを選択で、変更出来ます。

BitClubNetworkの公式サイトを開いて下さい。

bitclubnetwork.com


 

このような登録フォームが確認出来ると思いますので順番に記入していきます。

f:id:btcinfo:20170314015212p:plain

 

入力する所は、上から

  • 名前(名)
  • 苗字(姓)
  • あなたのEメールアドレス
  • ユーザー名(お好きなニックネームを入力して下さい)※1
  • パスワード
  • パスワード(確認)

これらをすべて記入しましたら、『アカウント作成』をクリックしてください。

※1

ここで、お好きなニックネームを入力しますが、もし他の人がすでに使っているニックネームだと

f:id:btcinfo:20170314015432p:plain

と、スポンサーの上部に赤色で表示されますので、数字を付け足したり、違う名前にして試してみて下さい。

 

メールアドレスの認証

 次に、登録に使用したメールアドレスが有効であるかどうかの認証があります。ここからは一旦英語表記になりますが、それほど多くの手順はありませんので、画像と和訳で説明していきます。

f:id:btcinfo:20170305123834j:plain

『Send Verification Code』(=訳:確認コードを送信する)をクリックすると、登録したアドレスに認証コードが届きます。

 

コードの確認

 最初に入力したメールアドレス宛にこのようなメールが届きます。

f:id:btcinfo:20170305084149p:plain

この黄色い部分のコードを先程のメールを送信した画面に戻り、入力します。

コードは数分で期限切れになりますのでお早めに。

 

f:id:btcinfo:20170305084303p:plain

Verification Code』に入力したら『Verify Email』をクリックします。 

f:id:btcinfo:20170314021419p:plain

正確にコードを入力出来ましたら『Email verified!』と緑色で表示され、登録したメールアドレスが有効化されます。これで仮登録の完了です。

 

アカウントのアップグレード(本登録)

仮登録のままではマイニングプールを購入できないので、登録料$99を支払って本登録にアップグレードする必要があります。

ホーム画面上部の右側から日本語ページに戻り

 

f:id:btcinfo:20170314022110j:plain

 

赤枠の『アカウントのアップグレード』をクリックし、次の画面でこのような確認画面になります。

 

 

f:id:btcinfo:20170314022225p:plain

 

 「今すぐアップグレード」をクリックし

下図のように本登録$99分のアドレスが表示されるのでBTCにて送金します。

f:id:btcinfo:20170314022317p:plain

QRコードの有効時間が10分しかないので、あらかじめウォレットに十分なBTCを入れておくようにしてください。

送金が完了すれば、マイニングプールを購入できる本会員にアップグレードされます。

 

マイニングプールの購入

本会員になったら、マイニングプールを購入しましょう。

当然ですが、プールの購入なしには何の配当も受けられませんので、上部の『Welcome』(ようこそ)タブをクリックすると、各マイニングプールを購入することができます。※ページの右上から日本語に変更出来ます

 

f:id:btcinfo:20170305194644p:plain

選べるのは

  1.  $500プール
  2. $1,000プール
  3. $2,000プール
  4. $3,500プール

の4つ。

個人的には3,500ドルのプールがお勧めですが、様子を見たい方は500ドルから購入してみても良いと思います。

「今すぐ購入」を押すと、登録料と同じように10分間有効なQRコードが出てきます。こちらもビットコインで支払いですので、あらかじめウォレットに十分なBTCを入れておくようにしてください。(※下記参考画像は$3500プール購入画面です)

 

f:id:btcinfo:20170314020054p:plain

 

これでBitClubNetworkマイニングプール購入の完了です。

 

ブロックチェーンウォレット(Block Chain wallet)の作成(開設)方法について

ブロックチェーンウォレット Block Chain wallet アカウント作成 仮想通貨 口座開設 投資 決済 申し込み方法 ビットコイン

f:id:btcinfo:20170309074051p:plain

ビットコインbitcoin)などの仮想通貨をやり取りするときには必ず、保管する場所が必要になります。それがウォレット(wallet=財布)というものです。その中でも今回は、ビットコインのウォレットサービスとして、最も歴史が古く、オンラインウォレットの中で1番利用者が多い最大手のサイト「ブロックチェーンウォレット」の作り方をご説明します。

ブロックチェーンウォレットは世界各国で利用されており、もちろん日本語も対応。セキュリティ面でも、ワンタイムパスワードに対応していたり、パスワード紛失自の復旧手段があったり、初心者が最初に利用するには一番おすすめです。

 

ウォレットの開設方法

Bitcoin Wallet - Blockchain

blockchain.info

こちらのリンクからブロックチェーンウォレットのサイトに進めます(外国の方にお勧めする場合は、ページ右上に言語設定のボタンがあります)

f:id:btcinfo:20170308182309p:plain

こちらがブロックチェーンウォレットの画面になります。画面中央の「ウォレットを作成」のボタンを押すと新しくウォレットを開設する画面が開きます。

 

メールアドレス、パスワードの設定

f:id:btcinfo:20170308182510p:plain

ブロックチェーンウォレットの無料登録画面を開きましたら、メールアドレス(1番上)とパスワード(2番目・3番目)を入力します。3番目の「パスワードの確認」は、2番目で入力したパスワードを再度入力する項目です。その後「利用規約」にチェックを入れて「続行ボタン」をクリックします。

f:id:btcinfo:20170308182716p:plain

「始める」をクリックし、この後メール認証へと進みます。

 

メールを受信し認証を行う

ブロックチェーンウォレットのメール認証登録

f:id:btcinfo:20170309090020p:plain

このようなメールが送られてきますので、画面中央の「はい、これが私のメールです」をクリックします。

f:id:btcinfo:20170309090202p:plain

これで、認証作業が完了です。

「ウォレットID」は「ログインのID」になりますので、大切に保存をしてください。

※ウォレットのID、パスワードは厳重に管理して他の人が使用できないようにしてください。またパソコンの自動記憶だけでなく、必ず別でメモなどを取りパソコン上で紛失した以外でもアクセスできるように管理を行うことを強くお勧めします。

 

ブロックチェーンウォレットでログインを行う。

f:id:btcinfo:20170309090254p:plain

 

再度ブロックチェーンウォレットのログイン画面に戻ります。既にログイン状態担っている場合もありますが、ログアウトされていたら、トップページの上にある「今すぐログイン」のボタンをクリックしますと、上の画像のような画面が出ますので、ここで「ウォレットID」と「パスワード」を入力します。

 

f:id:btcinfo:20170309080024p:plain

 これでログイン完了です。

 

ブロックチェーンウォレットのログイン画面から自分のウォレットの口座番号を確認

ビットコインなどの仮想通貨をやり取りするときに、相手に自分の口座番号を通知する必要があります。

f:id:btcinfo:20170309090626j:plain

それが上の画面の赤枠で囲った「受信」ボタンです。 このボタンを押すと、口座番号が数値またはバーコードで表示され好きな方を相手に通知することが出来ます。

 

口座番号を確認

ブロックチェーンウォレットでの受信アドレス

f:id:btcinfo:20170309090742p:plain

こちらが口座番号の画面になります。口座番号(アドレス)を文字(コピーしてシェアと書いてある箇所)またはバーコード(スキャンと書いてある箇所)で相手に通知することが出来ます。

※仮想通貨を守る2段階認証設定について

ブロックチェーンウォレットの2段階認証

ウォレットを作成したら、そのままでのセキュリティは不十分です。 携帯電話番号を登録し、携帯電話での認証を合わせて行う「2段階認証」が重要になります。

ビットコインなどの仮想通貨を守る上でも重要なことですので、必ず設定することをオススメします。 f:id:btcinfo:20170309092111j:plain

ウォレットに仮想通貨を送付するには〜取引所を利用する。

ウォレットに仮想通貨を送付するには、取引所を利用する必要があります。ウォレットを開設したままでは、その中に仮想通貨は入っていません。ウォレットにビットコインなどの仮想通貨を保管するには、まず「取引所」で日本円から仮想通貨(ビットコイン等)を買い、その後取引所からビットコイン等の通貨を自身のウォレットに送付します。

取引所に入れている場合は、それは取引所のウォレットに預けていることになります。なので取引所についてはたくさんの仮想通貨が保管されているため、ハッカーに狙われる可能性もあるためご自身のウォレットに移すことが大切です。

 

仮想通貨取引所としておすすめな「コインチェック(CoinCheck)」と「ビットフライヤー(bitflyer)」の口座開設方法は別記事で詳しく説明しています。

 

www.btcinfo.site

 

 

www.btcinfo.site

 

 まとめ

以上がブロックチェーンウォレットの作成方法でした。

メールアドレスが1つあれば作成は簡単にできますので、ぜひお気軽に作成をしてみてください。

 

www.btcinfo.site

   

www.btcinfo.site

 

www.btcinfo.site

www.btcinfo.site

 

 

 

 

Bitcoinが史上最高値を3年ぶりに更新!ブラジルでビットコインが金の取引量を上回る

ビットコイン 仮想通貨 投資 暗号通貨 相場 上昇

仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」の価格が約3年ぶりに史上最高値を更新しました。

f:id:btcinfo:20170302214654p:plain

海外メディアから読み取れる動き

この背景にはアメリカ国内でビットコイン金融商品として認められ、ウォール街を中心とする投資家がビットコイン取引にアクセルを踏み出した可能性が指摘されています。

Bitcoinは3年ぶりのピークを迎え、米国ETFの承認の噂で過去最高を記録 | ロイター通信

Bitcoin hits 3-year peak, nears record high on U.S. ETF approval talk | Reuters

www.reuters.com

Bitcoinの価格は、ちょうど最高記録に達した | TechCrunch

The price of Bitcoin just hit an all-time high | TechCrunch

www.reuters.com

 

 

現在のビットコインの相場

f:id:btcinfo:20170302205349p:plain

記事作成時点でのビットコインの取引価格は1BTCあたり1225.33ドル(約140,094円)。この価格は、2013年11月につけたビットコイン価格の史上最高値である1165ドルを超えています。

 

過去4年間のビットコインの値動きから史上最高値まで

4年間のビットコインの値動きをグラフにすると以下の通り。2013年11月に史上最高値を付けた後、当時最大の取引所だったMt.Goxの破綻などによってバブルは崩壊。その後も乱高下を繰り返しながら、2015年には取引相場は1BTCが約250ドルで安定したかに見えました。しかし、2015年後半以降、上下を繰り返しながらもビットコイン価格は全体的に上昇し、ついに、史上最高値を更新することになりました。

 

f:id:btcinfo:20170302203327p:plain

 

今回のビットコイン上昇の背景の理由とは

今回のビットコインの高値更新の背景にはアメリカでビットコインETFの商品として承認されるという動きがあるとロイターは指摘しています。

ビットコインを使った上場投資信託(ビットコインETF)

ビットコインETFは、Facebookから多額の和解金をせしめたことで名高いウィンクルボス兄弟が2014年に提案しアメリカ証券取引委員会(SEC)に許認可するよう申請していました。ビットコインETFを承認するかの判断を再三先送りしてきたSECですが、最終判断の期限である2017年3月目前となった今、「どうやら承認する見込みだ」という情報が伝わったため、ビットコインを買う動きにつながっているというわけです。

 

デジタル世界の金(ゴールド)ビットコイン

それ自体は価値を生まないため「デジタル世界の金(ゴールド)」にたとえられるビットコインは、金と同様に世界経済が不安定な時に資産の待避場所として買われ、相場が上昇するという性質があります。この動きはBrexitの際にも見られましたが、アメリカのドナルド・トランプ大統領誕生にあわせてアメリカをはじめとする世界の株式相場が上昇する中においてもビットコイン価格が上昇していることから、ビットコインが単なる資産の待避場所としてではなく金融商品としての魅力を高め始めている可能性も指摘されています。

 

前代未聞!ブラジルでビットコインが金の取引量を上回る

「デジタル世界の金(ゴールド)」のビットコインといえば、経済が著しく低迷しているブラジルではなんと、ビットコインの取引量が、金の取引量を上回りました。ブラジル商品取引所では今年の金(250gと10g)の取引量は約50億円となっています。6月期だけでみれば、ビットコインは金の約2倍の取引量になっています。

f:id:btcinfo:20170302231338p:plain

 

この前例のない歴史的出来事は、ブラジルでの仮想通貨に対しての強い期待感と既存の金融市場への不安感からくるものだと考えられていて、ブラジルのビットコイン取引所bitValorによると、今年6月のビットコインの取引量は約32億円。今年6ヶ月間の取引量は、2013年から2015年にかけての3年間の取引量と同等になっているそうです。

今回のビットコインの取引量が金の取引量を超えた出来事は、先進国の取引所をみても例にないことで、ブラジルなどの新興国ならではの事情があると思われます。またブラジル経済が悪化するにつれて、犯罪率も増えており、金を安全に保管するにはコストが必要になることから、ビットコインのようなオンライン上で管理できる次世代通貨が好まれている要因の一つといえます。

 

日本の現金志向から離れ、世界の通貨事情を見る

日本やアメリカなどの自国通貨の信用度が高い国では、ビットコイン新興国のように一般人が興味を持つことはまだまだ少なく、特に日本では未だに現金指向が強いので、クレジットカードすら受け付けない店も多数あります。

一方、アメリカではクレジットカード決済が主流ですので、現金は不法に働く労働者への給料として支払われることが多いようです。現金は使用ルートの追跡が難しいことからもわかるように、決してクリーンなものだとは言えないのが現状です。

ブラジルでのビットコイン市場の成長性と経済状況を踏まえると、ビットコインはブラジルでは安全資産として扱われており、金より経済不安に強い金融商品として認識されていると言えます。この特筆すべき所は、ビットコインイノベーションが6000年の歴史を持つ金の信用を上回ったことでしょう。まさに前代未聞です。

ブラジルの経済不安から波及しビットコインブームが起きていることから、ビットコインが資産や通貨として流通し始めるのはブラジルのような新興国あるいは金融規制の少ない発展途上国なのかもしれません。

 

 

www.btcinfo.site

 

 

www.btcinfo.site

 

ビットコインがもらえる!コインチェックでんき(電気)での電気料金支払い

ビットコイン 仮想通貨 貯まる 決済 コインチェックでんき 申し込み方法 口座開設

f:id:btcinfo:20170227235848p:plain

国内仮想通貨取引所であるコインチェック(coincheck)が、ビットコインbitcoin)で公共料金である電気料金の支払いに国内初で対応し、現在順次サービスを拡大しています。

この「coincheckでんき」の魅力的な点は、電気の品質や供給の仕組みを変えることなく、電気代の支払いがビットコインで可能になるのはもちろんのこと、従来のように日本円での支払いでも、電気料金の支払額に応じてビットコインが4〜6%キャッシュバック(還元)されるのです

ビットコインでの公共料金支払いは日本初。今後、将来的にビットコインが高騰していくにつれ、キャッシュバックされるビットコインも、支払うために持っているビットコインも価値があがり、利益を得ることが期待されます。

  

日本円、ビットコインで電気料金を支払うとビットコインが貯まる!

f:id:btcinfo:20170227235912p:plain


なんと日本円またはビットコインで電気料金を支払うだけで、4〜6%ものビットコインが貯まることになります。それに加えて現在ビットコインは上昇トレンドであり、もしビットコインの価格が将来的に値上がりするとするとその分の利益も得ることができるのです。

例えば2016年は1BTC=800ドルとなりましたが、2017年には2000ドルとも専門家から話が出ています。

(重要!!)仮にビットコインの価格が2000ドルになるとすると、その値上がりは2.5倍。 2016年にビットコインで電気料金を支払っていて、貯まっているビットコインについては、10%〜15%もの還元になることになります。

 

現在ビットコインはボランティリティが高く、相場の急騰や急落に一喜一憂しがちですが、ビットコインで持っておくと、価格の上昇下降が気になりビットコインで支払うのは抵抗がある方も、従来通り現金での支払いでもビットコインが受け取れるためより選択肢があります。

もちろんビットコインが将来的に上昇した場合は、ビットコインで電気料金を支払うために持っているビットコインも価値が上がることになります。(実質的に電気料金が下がる)

 

ビットコイン付与プラン

支払いは通常のように日本円で支払えます。また支払額に応じてビットコインを受け取れるサービスです。品質はそのままで電気料金が安い電力会社を選ぶからこそのサービスです。

 

ビットコイン支払い決済プラン

ビットコインで電気料金を支払います。また支払額に応じて同様にビットコインを受け取ることができます。

 

電気支払い対応は順次拡大中!

f:id:btcinfo:20170228000011p:plain

 現在東は関東から、西は関西までカバーしており、順次供給エリアを拡大している状況です。(2017年1月現在)詳しくはコインチェック取引所でエリアはご覧ください。

 

新丸紅電力が電気を供給

f:id:btcinfo:20170228000049p:plain

 電力の供給はあの大手総合商社「丸紅」の子会社・丸紅新電力が行います。大手での新サービスなので安心感が持てます。

新丸紅電力の特徴

以下電気料金比較サイトより引用↓↓

・火力や再生可能エネルギーなど豊富な自社電源
・親会社の丸紅は長らく総合商社で「電力一位」の実績
環境保全をサポート出来るプランも用意(ジブリと連携)
「丸紅新電力」は、大手総合商社である「丸紅グループ」の抱える電力事業を担う会社です。「新電力」とは銘打っていますが、電力の小売りに関しては2002年から既に参入しており、電力小売り自由化に伴って事業範囲を拡大してきたという実績があります。自らが発電施設を保有する「国内PPS」の草分けとして事業を開始してから10年以上、そのノウハウが蓄積されています。

 

丸紅新電力がジブリと共同制作したCMになります


丸紅新電力 鳥獣戯画「出会い」篇


インチェックでんきの利用方法(申し込み方法)

インチェックでんきの利用方法の流れは以下の通りです。

①コインチェック取引所でユーザー登録
②コインチェック取引所からコインチェックでんきを申し込む
③メーター交換(*スマートメーターでない場合)
④電力供給 申し込みから3週間〜1か月くらいを目安に電力供給がスタート!


インチェックのユーザー登録については、事前に運転免許証などの身分証明書をご用意ください。PCに写真を取り込んでコインチェックのサイトで直接簡単にアップすることができます。

 

インチェックの口座開設についてはこちらの記事を御覧ください 

www.btcinfo.site

 

インチェックでの電気申し込み画面

 

f:id:btcinfo:20170228000431p:plainインチェックサイトで登録後、メニューの「でんき」を選択します。

f:id:btcinfo:20170228000445p:plain 

その後でんきのプランの画面が表示されますので、注意事項をよく読んで、ページ下の申し込みから申し込むことができます。

f:id:btcinfo:20170228000539p:plain

 

インチェックの登録者と契約者が同じ名義であるなど、注意事項があるので事前によく読んで申し込むようにしてください。

 

様々なサービスを展開するコインチェックに今後も注目

インチェックはすでにご紹介したように、国内仮想通貨取引所の中でも特に様々なサービスを行っている所になります。「魅力的な仮想通貨を複数取り扱う」「コインのクレジットカード購入に対応」「ネットバンクのクイック入金に対応」「電気料金に対応」など様々です。

通貨においてもビットコインのみならず、「リップル」「イーサリアム」「ファクトム」「リスク」「モネロ」「オーガ」など時価評価額が高い、名だたる通貨を取り揃えており、将来的に非常に注目される取引所と言えます。

 

 

 

 

 

資金力で選ぶならビットフライヤー(bitFlyer)口座解説までを詳しく解説!

ビットコイン 口座開設 申し込み方法 投資 決済 ビットフライヤー アカウント作成
投資対象としても非常に優秀なビットコイン。しかし、ビットコインを初めて購入する方にとっては、どこの取引所でビットコインを購入すればいいかわからないという方も多いと思います。
当ブログでは取引所の信頼度、手数料、セキュリティーなど様々な観点で比較しながら、いくつかお勧めの取引所をご紹介していますが、今回は、ビットフライヤーの特徴とアカウント作成方法(口座解説)までを詳しく解説していきます。

豊富な資金力、ビットフライヤーの信頼度

f:id:btcinfo:20170225131819p:plainbitFlyerは日本法人であり、資本金は8億3,979万円で2014年1月に設立されました。2015年1月にはリクルートGMOから約1億3千万、さらに同年8月には三菱UFJキャピタル、電通デジタル・ホールディングスなどから約5億1千万円の資金調達を行うなど、日本のビットコイン関連会社の中では最も資金力のある企業といえます。販売所形式がメインでしたが、2015年7月には取引所もオープンし、国内取引所としてはいち早くマルチシグネチャを導入するなど、豊富な資金力を活かしてセキュリティ関連に最も力を入れているのが特徴です。

取引所以外にもビットコインクラウドファンディングのfundFlyer、ブロックエクスプローラーのchainFlyer、GMOと提携した決済サービス等も提供しています。

ビットフライヤーのアカウントグレードについて

ビットフライヤーのアカウントについてはアカウントグレードと言って、ランクがあり、ランクに応じて取引のサービスの違いやビットコインの取引量が違ってきます。

またここでの登録情報(氏名、生年月日、住所)と、身分証明書写真の情報、また登録銀行口座名義は同じ情報が必要なので間違えのないよう正しく記載しましょう。

ビットフライヤーアカウントの種類(グレード)

ビットフライヤーのアカウントグレードは現在のところ、スタンバイクラスからファーストクラスまで6つのグレードまで分かれています。ビジスネクラスまでは簡単にグレードアップできます。

上の表を見ればわかるように、メールから簡単に登録でき、また銀行口座や運転免許証等の身分証明書の提出でサービスと扱う仮想通貨の取引量が多くなっていきます。登録はネット上で身分証明書をアップロードするだけで、郵送したりといった手間がないため非常に簡単です。

通常ビットコインは、最初円で購入することが必要になります。 日本円を口座に入れるためには、最低『プレミアムエコノミー』か『ビジネスクラス』が必要になるため、どちらかを開設する必要があります。ビジネスクラスまでは簡単に開設することができるため、ビットコイン口座取得が初めての方でもわかりやすいように、手順を解説していきましょう。

①スタンバイクラスアカウントの作成➡︎メールアドレスや各種アカウント

上の図はビットフライヤーのトップ画面です。

登録は画面左側にあるように、「メールアドレス」フェイスブックアカウント」「YahooID」「グーグル」いずれかで口座開設が可能になります。

【関連記事】

www.btcinfo.site

これで第一段階のアカウントの作成が簡単にできます。

①−2 メールアドレスでビットフライヤーの登録する

ビットフライヤーのトップ画面です。赤枠で囲んだ「メールアドレス」にアドレスを入力して、「アカウント作成」をクリックすると、このような内容のメールが送られてきます。

 「キーワード」と「初回パスワード」を確認してください。

ビットフライヤーの画面に上の図ような画面が表れますので、そこで送られてきたメールにある「キーワード」を入力して、下の「アカウント作成」ボタンをクリックします。

次の画面で赤枠の項目に「チェックを入れ」その下の「bitflyerをはじめる」をクリックします。

これでメールアドレスで登録が完了しました。

その後上の図ようなビットフライヤーのログイン画面になります。

すでに説明した「アカウントクラス」をグレードアップしていく必要があるため、画面右下の赤枠の「アカウント情報」から「携帯電話認証」「ご本人登録情報」「銀行口座情報確認」「本人確認書類の提出」の順で作業を進めていきます。

②エコノミークラスアカウント➡︎携帯電話認証またはフェイスブック認証

フェイスブックまたは携帯電話認証で、エコノミークラスアカウントにすることができます。ここでは携帯電話番号の認証方法をご説明します。

上の電話認証画面で電話番号を入力して「携帯電話認証をする」をクリックします。

その後上の画面が現れます。ショートメールでコードを入力します。

SMSショートメールは海外から送られてくるため、メールが届かないことがあります。その場合、音声で通知する」のボタンをクリックしますと、電話がかかってきますので、自動音声で流れてくる番号を入力します。

これで携帯電話番号認証は終了です。

③プレミアムエコノミークラスアカウント➡︎銀行口座登録及び認証

銀行登録方法(ビットフライヤー)

ここでは銀行口座を登録して、日本円をビットコインに交換することができます。

通常新しく口座開設する方は、日本円からビットコインに交換する場合がほとんどだと思いますので、ここで銀行口座の登録が必要になってきます。

上の画像で登録銀行口座の必要事項を入力します。(銀行名・支店名・口座種別・口座番号・口座名義)

銀行認証をするために、ビットフライヤートップ画面の左側のメニューにある「入出金」をクリック。銀行口座登録情報の登録が完了したことを示すダイアログが表示されます。

これで銀行口座登録は完了し、プレミアムエコノミークラスアカウントになります。

エグゼクティブエコノミークラスアカウント➡︎個人情報入力及び身分証明書のアップロード

エグゼクティブエコノミークラスでは、個人情報入力を入力して、運転免許証等の身分証明書をサイト上でアップロードします。ビットフライヤー側で確認作業が終わりますと、登録作業が終了します。アップロードから数時間で反映されるようです。

本人登録方法

通常の本人確認の登録画面です。

氏名、住所、連絡先等を入力すると、身分証明書の提出画面にいきます。

ここでは入力する項目は「身分証明書写真」と同じ情報(氏名・生年月日・住所等)である必要があります。 携帯電話番号は携帯電話番号の認証と同じ番号になります。

身分証明書のアップロード

身分証明書の登録(ビットフライヤー)本人登録方法その2(ビットフライヤー)

身分証明書の提出については、免許証等の登録をする方が多いと思います。提出の数は以下の3枚になります。

  • 本人と身分証明書の写真
  • 身分証明書の表の写真
  • 身分証明書の裏の写真

以上が身分証明書のアップする写真になります。 

青色の『ファイルの提出』をクリックして、写真を選択すれば写真がサイトにアップされます。

3枚のアップロードが済んだら一番下の『本人確認書類を提出する』をクリックして終了です。

身分証明書について

身分証明書は現在のところ以下の通りです。

  • 免許証(表面、裏面)
  • パスポート(顔写真ページと住所記載ページ)
  • 顔写真付き住民基本台帳カード(裏面と表面)
  • マイナンバーカード(表面)*通知カード不可

のいずれかと、IDセルフィー(上記の書類とご本人が一緒に写っている写真)

ビジネスクラスアカウント➡︎銀行登録と本人確認書類で作成

ビジネスクラスはすでにご説明しました下記の2つ

 

③プレミアムエコノミー

④エグゼクティブエコノミー

を行なえば自動的にビジネスクラスアカウントになります。

ビジネスクラスアカウントまでは簡単に登録するこができ、取引通貨量を含めてほとんどのサービスを使用することができるため、できればビジネスクラスアカウントまで一気に登録を済ませておけば後が楽になります。

www.btcinfo.site

 

www.btcinfo.site

 

2030年ビットコインが備蓄通貨と言われている?今後世界が暗号通貨に注目する

投資 仮想通貨 暗号通貨 ビットコイン 上昇 相場

備蓄通貨とは、政府や企業が外貨準備金として保有する通貨のことです。現在、やっぱり米ドルが1番人気で、日本円もベスト3に入っている備蓄通貨ですが、Magister AdvisorsというM&Aのアドバイザーを務める企業が、2030年にはビットコインがベスト6に入ると予想しています。

ベスト6以内ということは、オーストラリアドルスイスフランと同じぐらいビットコインが流通することを意味します。そうなれば、備蓄通貨としての役割は十分果たせることになります。では、なぜここまで世界中が仮想通貨(暗号通貨)に注目するのでしょうか。

発展途上国に大きなニーズがあると言われるビットコイン

通貨システムがまだ発達していない国では、遠く離れたところに送金する場合などは、ばか高い手数料が発生したり個人が取り扱うのが非常に困難な状況にあります。

f:id:btcinfo:20170221064523p:plain

また、発展途上中の新興国に多くみられる政治状況(クーデターや戦争)で、自国の通貨の価値が下がって紙くず近くになったりと、先進国の通貨(ドル、円、ユーロ等)に比べてかなり不安定なのです。

 そういった、経済的不安の強い国では、自国の通貨がハイパーインフレに陥ったとしても、あらかじめ仮想通貨に変えておけば、資産を(短期的に)守ることができます。いきなり預金封鎖が行われたとしても、銀行で長蛇の列に並びながらお金が引き出せなくなる心配をする必要はありません。

日本仮想通貨事業者協会(旧 仮想通貨ビジネス勉強会)でわかる期待度

決済ツールとして用途が今後増えていくビットコインですが、現段階では実際は生活や商業通貨というよりも投機対象としての期待のほうが多いのも事実です。技術力を持つ進んだ先進国の盛んな投資が、ビットコインへ資産を両替をして保管しておくケースが増えています。

 

すでに

日本仮想通貨事業者協会(旧 仮想通貨ビジネス勉強会)

 

このような協会もあり、さまざまな大手企業が参加しています。

f:id:btcinfo:20170221065707p:plain

三井住友海上保険株式会社、ビリングシステム株式会社、あずさ監査法人マネックス証券株式会社、SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社、株式会社クロスブリッジ、株式会社フィスコ、新日本有限責任監査法人、稲葉総合法律事務所、

株式会社シンフォー、フォーランドマーケティング株式会社、株式会社じぶん銀行、株式会社横浜銀行東京証券信用組合株式会社DMM.com証券などなどで挙げるときりがないので、詳細はHPを御覧ください。

ひとつ気になることは、法律事務所や銀行、証券などが参入している点からやはり通貨としての位置付けが大きく、今後の発展や市場規模を考えているのだと思います。

 総合的には「明るいニュース > 暗いニュース」

外国為替取引(FX)を中心としたインターネットサービスを提供しているGMOインターネットが新たに仮想通貨の取引事業に参入することが明らかになりました。

さらに、日本全国に向けた総合ネットショッピングサイトといえば、真っ先に思い浮かぶのはamazonですが、中国ではタオバオやアリババがメジャーです。

そのアリババが決算サービスのブロックチェーン導入へ本腰をいれました。

 トランザクションの問題、SegWitの問題、中国人民元と米ドルの関係など不安材料も数多くありますが、中長期的にはインフラ整備が徐々に整っていき、東京オリンピックでの外国人の来日に向けて日本では盛り上がっていくのではないでしょうか。

世界が注目するビットコイン

アメリカの楽天では導入されており試験的なデータを集めているところですが、楽天ジャパンでも、買い物するとビットコインがもらえるキャンペーンが始まりました。

f:id:btcinfo:20170221071136p:plain

  

アメリカでは既にスターバックスコーヒーでもビットコイン決済が始っています。

f:id:btcinfo:20170221071300j:plain

 

ビットフライヤーではAmazonギフト券が交換出来るようになりました。

f:id:btcinfo:20170221071542j:plain

 

amazonでも決済導入にむけて調整中とのこと。今後amazonビットコイン決済を導入すると一気にユーザーが増えるので1ビットコインの価格は30~40万円になると言われています。 今後、現実的にはわかりませんがamazonビットコイン決済を導入するであろう一番大きな理由になるのは、クレジットカード決済の手数料です。平均3~5%と言われる手数料を経費として事業者は支払っていますが、ビットコイン決済は1%の手数料ですので、amazonのように何兆円と売り上げを上げている金額からするととんでもない額のクレジットカード決済手数料を支払っているはずです。

 

導入するだけで数パーセントの経費が削減できるというのはとても大きなところだと思います。仮想通貨法の施行やタイミングをみて導入してくるのではないかと考えています。

f:id:btcinfo:20170221071946j:plain

イタリアの最大タクシー協会がビットコインの支払いを受け付けたりと、あげればキリがないほど、世界中のあちらこちらで動きがあります。もちろん導入するには利点があるからです。

 中国当局の取引規制やさまざまな理由から2017年1月ビットコインの価格は暴騰からの暴落がありましたが、この出来事は人間の心理が招いたひとつの取引にすぎませんが、着実に暗号通貨の土台は積みあがっています。

 政府が動き、法律を造り、日銀が動き、銀行や法律事務所、証券会社、大手企業も事業として参入しているこの流れはどう考えても市場規模は広がることを意味します。さらには需要が広まるということは、ビットコインの価格も上がることになります。

 2017年4月に「仮想通貨法」が施行され、いよいよ日本でもビットコインが〔お金〕として法律が明確に認める時代がスタートしました。今後の動きに期待が高まります。

 

btcinfo.hatenablog.com

btcinfo.hatenablog.com