BTC INFO

ビットコインがわかるブログ

ビックカメラ全店舗、コジマ・ソフマップの一部店舗でもビットコイン(BTC)の決済対応へ

7月26日、大手家電量販のビックカメラが全店舗、およびグループのコジマ、ソフマップの一部店舗で仮想通貨ビットコインによる決済サービスを導入しました。

f:id:btcinfo:20170731084039p:plain

ビックカメラでは4月7日から2店舗でビットコインでの支払いを受け付けていました。 

www.btcinfo.site

 これによりユーザーから反響を得られたことから、対応する店舗を増やしていましたが、遂に全店舗の対応に至りました。

 

決済システムはビットフライヤーを利用、ポイント還元も現金と同様

今回の決済サービスは仮想通貨関連企業のシステムを使っており、1度の会計での使用限度額を10万円分のビットコイン(BTC)までとしています。なんと、ポイント還元も現金と同じく10%ポイントサービスが適用されます。

bitFlyerの提供するiOS/Android対応のウォレットアプリにビットコインを入れておけば、すぐに使えて便利です。

これを利用するためにはbitFlyerで口座開設をしておく必要もありますが、bitFlyerは開設が簡単で、初心者でも簡単に扱えます。

 

www.btcinfo.site

 

分岐直前のビットコイン決済へ踏み切り

このところビットコインは分裂騒動などで先行き不安な声も多く、大手メガネチェーンのメガネスーパーは7月25日からこれを懸念して、一時決済サービスを中止しています。8月1日からのハードフォークによる利用者保護からの観点ですが、この直前のタイミングでビックカメラという大店舗がビットコインに全国で決済対応に踏み切ったのは、一歩先を見通した動きと言えるでしょう。

その理由として、家電店として、訪日外国人など観光客をターゲットとした狙いも伺えますが、こういった働きによって国内でも本来の通貨として普及される日も近いかもしれません。

 

投機から決済利用へ普及の見通し

まだまだ投機として見られがちな現状のビットコインですが、ビックカメラ全店が決済対応したことを受け、これからさまざまな企業や店舗が決済に対応していくと考えられ、各所では今後の動向が期待されます。

アニメやマンガのサブカルチャー天国、秋葉原でビットコインの採用を開始

秋葉原ビットコイン決済が急増中

日本有数の電気街、秋葉原に集まる各店舗で、ビットコインを採用する動きが急速に、しかも目立って進んでいます。 

2017年4月、ビックカメラの店舗でBitflyerを使ってすぐにビットコインを受け入れ始め話題となりました。他にも大手では、パソコンショップ「アーク」が、ビットコインだけでなく地元通貨として人気のあるモナコインも受け入れています。

www.btcinfo.site

小売店でもビットコインの受け入れと導入が徐々に活発化してきています。小売大手の株式会社リクルートライフスタイルが、ビットコイン対応の販売ポイントアプリを確認したことで、26万店舗でビットコインが受け入れられることになりました。

  

電子機器、ゲーム、アニメから不動産まで広まるビットコイン

f:id:btcinfo:20170730004619p:plain

 

秋葉原には、コンピュータやゲームシステムから家電製品やエンターテイメント機器まで、あらゆるものを販売する膨大な数の店舗が集積しています。ゲーマーにとっても人気のある場所であり、アニメやマンガのサブカルチャー天国となっています。

秋葉原はハイテクの電子機器を扱う街として、地元に人々だけでなく、多くの観光客を魅了しているますが、つい最近まで通常の通貨だけを受け入れていた。現在、技術や小道具類に自信を持つ地区で期待するように、通常の通貨とハイテクのデジタル通貨を統合する動きがあります。 

このような地区は海外からの客も多く、海外で通貨として浸透しているビットコインの決済利用は急増しており、日本でのビットコイン知名度も急速に広まっています。

電子機器店舗、技術系店舗だけではなく、同じ地区にある不動産管理会社の株式会社デュアルタップは、D-style+(ディースタイルプラス秋葉原店にて仲介手数料を仮想通貨取引交換所のCoincheckを通じて、ビットコインを利用出来るようになりました。

www.dstyle-plus-akihabara.jp

ビットコイン決済は飲食店や小売り店、ECサイトなどが対応しているイメージが強いですが、最近は高額商品も増えてきています。今回の不動産をはじめ、ホテル、航空券、旅行などでもビットコイン決済が始まっています。

※参考資料 

www.btcinfo.site

マーケットの大きな日本はまだまだこれからが本番

実店舗でのビットコインの実用的な取り入れられ方は何が最善なのか?どの企業も模索段階ですが、今後、あらゆる消費の場面でビットコイン決済という選択肢があるのは消費を促す効果もありそうです。 

実際すでに多くの店舗でSUICAPASMOなどのスマートカードを導入しているので、この秋葉原でのビットコインの動きは、今後ビットコイン決済のビットコイン・ウォレットはこれらの電子マネーカードにとって代わっていくものと予測されます。

 

 

ビットコインは本当に稼げるのか?FXとビットコインの違いを徹底比較

「ビットコイン グラフ 過去1年」の画像検索結果

ビットコインとは 

ビットコインとは仮想通貨の種類の1つです。テレビやニュースで報道された「マウントゴックス事件」でビットコインの存在を知ったという方も多いのではないでしょうか。

マウントゴックス事件とは:マウントゴックスとは2010年に設立した仮想通貨取引所の名前。マウントゴックスは、2014年に65万ビットコインと28億円を消失したとして破綻。ハッキングにより失ったとされていた資産は、大部分は代表のマルク・カルプレス横領していた可能性が高いことが判明。後に代表のマルク・カルプレスは逮捕されました。
マルク・カルプレス代表は現在も裁判中です。

 

しかし、2016年には仮想通貨法案も成立し、日本政府も通貨として認めた事になり、近年、高騰のニュースも多く、取引も活発になってきています。 そこで、投資の目線からビットコインとFXについて、メリット・デメリット等を徹底比較してみましょう。


ビットコインのメリット・デメリットを検証

まずはビットコインのメリットとデメリットを検証してみましょう。

ビットコインのメリット

  1. トレードの手数料が安い
  2. 土日祝関係なくトレードができる
  3. 海外への送金が即日反映される
  4. ビットコインは自分で採掘することができる
  5. 現状右肩上がりで価値があがっている

トレード手数料が安かったり、FXと似ている部分が多く見られます。

ビットコインは海外への送金は、従来の方法だと約1~2週間かかりますが、ビットコインでの送金ならば即日反映されます。手数料も銀行などと違って格安なので、海外と日本での送金がある方は、非常に便利な送金システムと言えるでしょう。

また、海外ではビットコイン払いの実店舗もすでに普及していますが、日本国内でも買い物などに利用できる店舗が徐々に増えつつあります。

 

www.btcinfo.site

www.btcinfo.site

 

マイニングによる収益も可能

更に驚きなのが、ビットコインは自分で採掘(マイニング)することが出来ます。イメージで言うと金を掘り当てるような仕組みで、ソフトを動かして採掘するのですが、シストレ24やビットクラブネットワーク(bitclubnetwork)のように、寝ている間にも採掘してくれるマイニング会社もあり、一度投資すると少しづつ毎日ビットコインが手に入るマイニングという仕組みは、FXでは見られない特徴ですね。

www.btcinfo.site

 

ビットコインは1年間で価値が約5倍になっている

2016年の8月はまだ1ビットコイン60,000円に達していませんが、現在は1ビットコイン=約30万円の価値になっています。持っているだけでたった1年のうちに5倍の価値になったというのも、とても魅力的です。

 

ビットコインのデメリット「ビットコイン デメリット」の画像検索結果

 

ビットコインは大変魅力的な面がある一方、デメリットも。

投資よりも投機的な部分が大きく、国による補償は一切ない

投機とは、不確実なものだが当たれば大きいギャンブル的なものを指します。ビットコイン取引所が倒産しても、国よる補償を受けられるとは限りません(取引所によっては一定の金額までは不正な出金に対し補償するという所もあります)マウントゴックス事件に実際に巻き込まれ、大変な損失を出した人も実際におられる訳で、そういった事件が今後可能性0でもないとは言い切れません。

 FXに比べて規模が小さいので、大変動する可能性がある(予想しづらい)

2の大変動する可能性については、つい先日の2017年5月のビットコインのチャート(日足)を見て下さい。

2017年5月25日は1ビットコイン=341,462円

2017年5月25日(木)は、約34万円だったビットコインですが5月27日(土)には…

2017年5月27日は1ビットコイン226,110円まで暴落しました

 5月25日から2日後には約22万円まで暴落しています。パーセントで言うと2日で約⬇︎34%です。今のドル円で例えると「110円台から70円台前半まで暴落した」ということになります。

 採掘をするには費用がかかる

採掘出来ることもビットコインの魅力の1つですが、それで利益を出すには時間と労力が必要です。中国などの海外にある施設では、ビットコインの採掘向けに作られたコンピュータを使って大規模にマイニングが行われており、個人レベルでビットコインを採掘するのは現時点では採算が合わないようです。

 

ビットコインと比較!FXのメリット・デメリットは?

FXのメリット
  • レバレッジが25倍までかけられる
  • 土日を除き24時間いつでもトレード可能
  • 日本経済に関わることが為替相場に影響するので、情報が入りやすい
  • FXには信託保全があるので、保証がある


FX会社によって変動する部分もありますが、手数料や投資単位ではFXも負けていません。「トレードに必要な情報量の違い・過去データや手法などの参考資料・始める際の手軽さ」は大きいでしょう。

これから始める方は、このDMM FXのように下のバナーから開設すると最大2万円キャッシュバックなど、口座開設の際にお得なキャンペーンがあるので、見逃さないように上手く活用していきましょう。

 FXには信託保全があることも大きいです。法律で定められて全てのFX会社に信託保全(万が一FX会社が倒産した時に、資金が返却される)が備わっていますので、安全面や信頼性の部分で、FXが上回っている部分が多いですね。

FXのデメリット
  • 土日は取引できない
  • ビットコインのように採掘はできない
  • 一度口座から出金をしなければ、買い物などに使えない

ビットコインと違いFXは、土日はトレードできません。

採掘(マイニング)もビットコインのように0から採掘はできません。ただし、FXにはスワップ金利があり、ポジションを持っていれば、毎日利益が入ってくるシステムなので少し似ていますね。

他にデメリットをあげるとすれば、そのまま資産を使用できないところです。それでもFX口座からの出金は、1日~2日で出来るので、それほど大きなデメリットではないと思います。

 

ビットコインの今後の可能性「ビットコイン グラフ 過去1年」の画像検索結果

ビットコインは、これから伸びる可能性があります。メリットの部分で書きましたが、価値が1年で5倍になっているのは魅力ですよね。安全面や信託保全のような保障面などで、ビットコインは海外FXに似てるのではないでしょうか。

他の仮想通貨にも言えることですが、デメリットにあがった保障や安全面が整備されればFXのようにもっと一般的になっていくでしょう。

まとめ

 ビットコインとFX、両方のメリット・デメリットを理解することで、自分にあった投資・スタイルが見つかると思います。こちらの記事が参考になれば幸いです。

ビットコイン口座の開設方法は下記記事に詳しくまとめてありますので、口座開設の際は是非、参考にご覧下さい。  

www.btcinfo.site

 

www.btcinfo.site

 

ぐるなびがビットコイン決済導入へ 2020年の東京オリンピックまでに5万店が目標

ぐるなびビットコイン決済導入へ

ぐるなびは飲食店に仮想通貨「ビットコイン」で決済できる端末の導入を促し、まずは2020年の東京オリンピックまでに同社の加盟店など5万店で利用できるようにすると発表しました。 

f:id:btcinfo:20170615072259p:plain

今秋までにタブレット端末を使ったPOS(販売時点情報管理)レジシステムにビットコインの決済機能を加え、「POSレジ」を置いているお店なら、どこでもビットコインが使えるようにするようです。POSレジは日本語以外でも使えるようになっており、料金などを外国語で表示できる機能もあるので、ビットコインが普及している欧米観光客の利用を見込む模様です。

 

ぐるなびとは

ぐるなびとは、食に関する情報のポータルサイトで、飲食店の情報を飲食店事業主から広告として募っています。飲食店側は管理画面(PROfor飲食店)から情報発信をし、利用者は無料で検索・閲覧することができます。飲食店情報を扱うポータルサイトとして草分け的な存在で、他のWEB広告と大きく異なるのは、消費者が行動をすることまでを目的としている点で加盟店舗数は約6万店。外食産業のネットワークとしては日本最大となっています。

 ビットコイン決済が加わる「ぐるなびPOS+ (ポスタス) 」について

ぐるなびPOS+」とは、iOS端末のスマートフォンタブレットに対応した飲食業向けのクラウド型POSです。専用アプリをモバイル端末にインストールすることで、注文の入力・会計処理のデバイスとして利用できるほか、店内の注文・テーブルごとの売上管理、勤怠・シフトの管理なども行うことができます。

f:id:btcinfo:20170615090037p:plain

4月25日からシステム開発のインテリジェンスビジネスソリューションズ(東京・江東)が開発したレジシステム「ぐるなびポスタス」の導入を加盟店に働きかけまています。導入コストとして初期費用として端末代など(約37万円~)のほか、月額1万2000円の維持費などがかかりますが、中小企業は軽減税率導入に伴った割引が受けられます。


そして、秋までに同製品にビットコインの決済機能を付加されます。消費者は決済時にタブレット端末に表示されるQRコードをスマートフォンスマホ)を使って読み込むと、自分のビットコイン口座から料金が引き落とされる仕組みになっており、店舗側はビットコインの取引所が決済時のレートで日本円に変換し、店舗の口座に振り込むことになります。

f:id:btcinfo:20170615073906p:plain


端末には日本語以外の言語で料金などを表示する機能もあり、2020年のオリンピック時にはビットコインが普及している海外からの訪日外国人の対応に役立ちそうです。

 

まとめ

ぐるなびは、飲食店が料金を支払ってメニューや店内写真など詳細を掲載するほか販促支援などもする「有料加盟店」と、無料だが店舗名など基本情報のみを載せる「無料加盟店」「掲載店」を合計で約50万件抱えています。外国人旅行客の集客や業務を効率化できる端末の機能を売りに、端末が収集するデータを使った経営指南など有料サービスの契約数底上げにつなげる見込みです。

ぐるなびで「ビットコイン決済対応店」というメニューで検索出来るようになる日も近いかもしれません。

GMO系Z.comコインでビットコイン取引がスタート!サービス内容と評価まとめ

 GMOインターネット株式会社のZ.comコインbyGMOを徹底検証

f:id:btcinfo:20170609110230p:plain

GMOインターネットグループGMO-Z.comが仮想通貨ビットコインの購入や売買ができる取引所Z.comコインbyGMOを2017年5月24日から提供開始しました。

このような専用サイトが設けられ、登録するとビットコインの取引用口座を開設できるようになります。

f:id:btcinfo:20170609102517p:plain

GMOってどんな会社?

Z.comコインの親会社GMOインターネット株式会社」というと、名前は聞き慣れない方もいるかもしれませんが

・お名前.com

ムームードメイン

・Value Domain

・ロケットネット

ロリポップ

 など、GMOが運営するサービスを並べると、ピンとくるかもしれません。

GMOは「すべての人にインターネット」を掲げ、技術開発力を強みに、サービスの自社開発にこだわっており、特にドメインクラウド・ホステイング、セキュリティ(電子証明書)などのITインフラ事業においては、日本国内シェアNo.1のサービスを数多く有している、大手の東証1部上場企業です。

 

Z.comコインとは?

Z.comは、GMOインターネット株式会社の主要グループ会社で、2016年10月11日に「GMO Wallet株式会社」として設立されました。

f:id:btcinfo:20170609104243p:plain

GMOは昨年、GMO Walletを準備会社として、仮想通貨の交換および取引事業に参入することを正式に決定し、GMOインターネットグループのインターネット証券事業やセキュリティ事業で培ってきたノウハウを活かし、安心かつ確実な仮想通貨の取引環境を提供していくと発表し、先月5月より「Z.comコイン」がスタートしました。

 

Z.comコインでは何が出来るの?

主力サービスは「仮想通貨売買」と「仮想通貨FX」で、現時点ではビットコインのみを取り扱っています。

「仮想通貨売買」

取引所と販売所は厳密には違います。取引所ではユーザー同士が注文を出し合いまが、販売所では会社との取引になります。現在の『Z.comコイン』ではGMO-Z.comコイン株式会社から仮想通貨を買ったり、仮想通貨をGMO-Z.comコイン株式会社に売ったりすることが可能です。

「仮想通貨FX」

仮想通貨FXは、数十円の証拠金から取引が開始できる、ビットコインの店頭証拠金取引サービスです。

f:id:btcinfo:20170609113018p:plain

FX(店頭外国為替証拠金取引)と同じように、状況に合わせてレバレッジを効かせた取引が可能で、GMOでは「GMOクリック証券」というFX取引でナンバーワンのシェアを誇っていますので、仮想通貨とも親和性が高いことからZ.comコインの仮想通貨FXは注目度の高い新規参入となっています。

チャートも充実しており、12種類の時間足、4種類の移動平均線、RSI、MACDなどのテクニカル指標を表示できます。また、仮想通貨FX専用のアプリ「ビットレ君」でも取引可能で、iOSiPadiPhone)とAndroidに対応しています。

 

Z.comコインのメリット・評価

・24時間・365日、土日祝日でも取引が可能

・最低0.001BTCから発注可能、少額から取引できます

・仮想通貨取引所では珍しく、出金手数料無料

相場急変時はロスカットのみ!「追証」に追われることはありません

注文価格は「Bid/Ask」の2way表示で分かりやすく透明性が高くなっています。

・新規注文(買建・売建)、決済注文、およびロスカットはすべて無料

レバレッジ取引の場合は、建玉ごとに0.03%/日の手数料が発生します

f:id:btcinfo:20170609102003p:plain

 

セキュリティは大丈夫?

Z.comコインのセキュリティは、さすが大手GMOと言えるクオリティの高い内容になっています。

 

  • 金銭と仮想通貨は会社用とユーザー用とで分けて管理
  • 仮想通貨の秘密鍵はインターネットから隔離された「コールドストレージ」で保存
  • 即時送付に必要な分は、一つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てる「マルチシグネチャアドレス」を採用
  • 内部不正対策:仮想通貨を取り出す際には複数部署の承認を必要とする仕組み
  • 日本円の出金、仮想通貨の送付を行う際には「2段階認証」による本人確認が必須
  • 企業向けサイバーセキュリティ対策支援を数多く行う三井住友海上火災保険株式会社と連携

 

まとめ

 

GMOインターネットグループには、サーバーを企業や個人に貸し出す事業を行っているGMOクラウド株式会社も入っているので、Z.comコインには「サーバーダウンのしにくさ」「セキュリティ」という点については強いと言えるでしょう。

また、Z.comコインは自分たちのグループからサーバーを借りることができるので、価格競争力も他社より強いと思われ、今後も、他の取引所より手数料の安さを維持していけるのではと期待しています。

 

www.btcinfo.site

  

www.btcinfo.site

www.btcinfo.site

 

仮想通貨の不正引き出しに補償 国内初、大手2取引所が導入

 

f:id:btcinfo:20170606101526p:plain

国内初!仮想通貨の不正引き出しに大手保険会社と提携し、補償へ

大手仮想通貨取引所のビットフライヤーとコインチェックが個人のIDやパスワードなどを第三者に悪用され利用者が取引所に保有する口座から通貨を盗まれた場合の被害を補償するサービスを始めます。このサービスは国内初で、今後国内では4月の法規制から始まり、同サービスの仮想通貨の取引所が増える見通しです。利用者保護を手厚くし、安心して利用できる環境を先駆けて整えていくことで、今後利用者が拡大するものと思われます。

 

ビットフライヤーとコインチェックってどんな取引所?

ビットフライヤー(BitFlyer)は、ビットコインの取引高No1の取引所で、最高強度のベリサイン次世代暗号を用い、ビットコイン保管に最高のセキュリティ環境を用意しているのを強みとしています。取扱い通過はビットコインbitcoin)とイーサリウム(ethereum)の2種類があります。大手企業が多数出資しており、資金力は抜群です。ビットフライヤーの株主は画像をご覧下さい。

f:id:btcinfo:20170606102649p:plain

 



インチェック(coincheck)は、12の仮想通貨を買える日本で唯一のマルチ仮想通貨取引所です。国内の取引所としては珍しく24時間取引可能なのも特徴です

ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
リップル(XRP)
・ゼットキャッシュ(ZEC)
・モネロ(XMR)
・ダオ(DAO)
・Augur(REP)
・ファクトム(FCT)
・リスク(LISK)
・ネム(NEM)
・ダッシュ(DASH)
・ライトコイン(Litecoin)

と、コインチェック1つの登録でこれだけの仮想通貨が取引出来るのと、登録が非常に簡単でスマホアプリもシンプルなので、初心者から上級者まで満足して取引できる取引所と言えるでしょう。

 

2取引所の補償内容を比較 

国内最大手のビットフライヤーは三井住友海上火災保険と連携し6月から始めます。口座への不正ログインで仮想通貨を日本円で出金されたことが発覚した後、警察による被害調査を経たケースを補償します。ビットコインとイーサリアムが対象で、保有残高に応じて補償上限が異なります。


インチェックは東京海上日動火災保険と手を組み月内にも始める見込み。日本円で不正に換金された場合に加え、ビットコインで不正送金された場合も補償されます。

 

両取引所ともログイン時に複数のパスワードを利用するなど、高度なセキュリティーを設定している顧客だけを対象としており、今後、損害保険ジャパン日本興亜も同様のサービスを検討中です。

格安航空会社(LCC)のピーチ、ビットコイン決済年内に導入と発表!

  

格安航空会社(LCC)のピーチ、ビットコイン決済年内に導入へ

f:id:btcinfo:20170524204839j:plain

ANAホールディングス子会社の格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが、仮想通貨「ビットコイン」を活用した決済サービスを2017年12月末までに導入すると、5月22日に発表しました!

日本の航空会社でのビットコインの導入は、今回が初の試みで、ピーチ代表取締役CEOを務める井上慎一氏が記者会見にて、同サービスについて説明しました。

f:id:btcinfo:20170524204905j:plain

同社は東証マザーズに上場するリミックスポイントの子会社で仮想通貨の取引所を運営するビットポイントジャパンと共同で決済システムを導入し、航空券購入の他、空港にビットコイン専用ATM(現金自動預払機)を設置しビットコインから現金への両替も行えるようにするとの事です。

 

www.btcinfo.site

 

アジアで普及、訪日外国人の利便性向上

 ビットコインは中国をはじめとするアジアでも急速に普及しており、日本でも2017年4月に改正資金決済法が施行されて以降、決済可能な加盟店が増えてます。

 

www.btcinfo.site

ビットコイン決済普及により地方創生を促進

 今回、航空券購入に加えてホテルやレストラン、土産物店でもビットコインでの決済を普及させる事で、ピーチの井上慎一CEO(最高経営責任者)は「今後、北海道や東北、沖縄などをモデル地区とし、自治体や地元企業などとも連携しながらビットコインで購買できる加盟店を増やし、首都圏や関西へ来られたアジアのお客様が地方を巡る仕掛けを築き、地方創生(地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力を上げることを目的とした一連の政策)を促進させることを目指します」とコメントしています。