BTC INFO

ビットコインがわかるブログ

投資

2018年までに100,000ドルへ高騰か?2種類のビットコイン先物ETFがSEC(米国証券取引委員会)の承認申請へ

メリーランドに本拠を構えるプロシェアーズ・キャピタル・マネジメントが、2つの新しいビットコイン先物ベースの商品を投入すると発表したことを、海外ニュースサイトcoindeskが報じています。 www.coindesk.com プロシェアーズ・キャピタル・マネジメントは…

COMSAで急騰!?今zaif(ザイフ)トークンに注目が集まる理由

「zaifトークン」と聞いても、あまりピンと来ない人も多いと思います。 ここでは、まず「zaifトークン」とは何か、どういうメリットがあるのか等、順を追って説明していきます。 ~仮想通貨バブル~注目を浴び始めた「zaifトークン」 zaif(ザイフ)トークン…

人気の仮想通貨の銘柄を特徴・上昇率・オススメ度等徹底調査!その将来性とは

仮想通貨に興味はあるけど、何を買えばいいか分からないという方、あるいは、次にどの通貨を買おうか迷っている方。日本最大の取引所「Coincheck(コインチェック)」では全部で12もの仮想通貨を取り扱っており、海外ではさらに取扱ってるコインの種類が多い取…

ビックカメラ全店舗、コジマ・ソフマップの一部店舗でもビットコイン(BTC)の決済対応へ

7月26日、大手家電量販のビックカメラが全店舗、およびグループのコジマ、ソフマップの一部店舗で仮想通貨ビットコインによる決済サービスを導入しました。ポイント還元も現金と同じく10%ポイントサービスが適用されます。

ビットコインは本当に稼げるのか?FXとビットコインの違いを徹底比較

ビットコインとは ビットコインのメリット・デメリットを検証 ビットコインのメリット マイニングによる収益も可能 ビットコインは1年間で価値が約5倍になっている ビットコインのデメリット 投資よりも投機的な部分が大きく、国による補償は一切ない FXに比…

ぐるなびがビットコイン決済導入へ 2020年の東京オリンピックまでに5万店が目標

ぐるなびがビットコイン決済導入へ ぐるなびとは ビットコイン決済が加わる「ぐるなびPOS+ (ポスタス) 」について まとめ ぐるなびがビットコイン決済導入へ ぐるなびは飲食店に仮想通貨「ビットコイン」で決済できる端末の導入を促し、まずは2020年の東京オ…

GMO系Z.comコインでビットコイン取引がスタート!サービス内容と評価まとめ

GMOインターネットの子会社GMO-Z.comが仮想通貨ビットコインの購入や売買ができる取引所Z.comコインbyGMOを2017年5月24日から提供すが始まりました。 このような専用サイトが設けられ、登録するとビットコインの取引用口座を開設できるようになります。

ビックカメラでビットコイン決済導入スタート!夏には26万店に急拡大で投資対象から決済へ

大手企業「ビックカメラ」が、4月7日から都内2店舗でビットコインによる決済を開始しました。実店舗の大手企業がビットコイン決済を取り扱うようになることで、新聞各社、テレビ(NHK)でも大々的に全国でニュース報道されました。 ビットコインが投資対象…

ビットクラブネットワークでマイニング投資を始める

今回は最近話題の「ビットクラブネットワーク」(Bitclub Network)という会社のマイニング投資について、なぜ今このビットコインマイニングへの投資が注目され、尚且つビットクラブネットワークが優良案件なのか、個人的な意見も含め色々検証していきたいと…

初心者でもわかる!BitClubNetwork(ビットクラブネットワーク)の登録からマイニングプール購入手順について

大手マイニングプールであるBitClubNetworkの参加方法をご説明します。大手マイニングプールであるBitClubNetworkの参加方法をご説明します。 まずは会員登録 BitClubNetworkはこちらから登録できるので、まずは会員登録を。もし、英語表記になっている場合…

ブロックチェーンウォレット(Block Chain wallet)の作成(開設)方法について

ブロックチェーンウォレットは世界各国で利用されており、もちろん日本語も対応。セキュリティ面でも、ワンタイムパスワードに対応していたり、パスワード紛失自の復旧手段があったり、初心者が最初に利用するには一番おすすめです。

Bitcoinが史上最高値を3年ぶりに更新!ブラジルでビットコインが金の取引量を上回る

仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」の価格が約3年ぶりに史上最高値を更新しました。 海外メディアから読み取れる動き この背景にはアメリカ国内でビットコインが金融商品として認められ、ウォール街を中心とする投資家がビットコイン取引にアクセルを踏み出…

資金力で選ぶならビットフライヤー(bitFlyer)口座解説までを詳しく解説!

bitFlyerは日本法人であり、資本金は8億3,979万円で2014年1月に設立されました。2015年1月にはリクルートやGMOから約1億3千万、さらに同年8月には三菱UFJキャピタル、電通デジタル・ホールディングスなどから約5億1千万円の資金調達を行うなど、日本のビット…

2030年ビットコインが備蓄通貨と言われている?今後世界が暗号通貨に注目する

備蓄通貨とは、政府や企業が外貨準備金として保有する通貨のことです。現在、やっぱり米ドルが1番人気で、日本円もベスト3に入っている備蓄通貨ですが、Magister AdvisorsというM&Aのアドバイザーを務める企業が、2030年にはビットコインがベスト6に…

日本政府が認めた仮想通貨(暗号通貨)「ビットコイン」2016年~仮想通貨元年に至るまで

最近、ビットコインという名前を耳にする機会が増えてきました。テレビ特集が組まれたり、新聞等でも仮想通貨法案の可決や各企業参入の話題など、ビットコインという存在がちらほら話題になりつつあります。2016年は、日本における仮想通貨への法律が整備さ…