読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTC INFO

ビットコインがわかるブログ

ビックカメラでビットコイン決済導入スタート!夏には26万店に急拡大で投資対象から決済へ

大手企業「ビックカメラ」が、4月7日から都内2店舗でビットコインによる決済を開始しました。実店舗の大手企業がビットコイン決済を取り扱うようになることで、新聞各社、テレビ(NHK)でも大々的に全国でニュース報道されました。

ビットコインが投資対象から決済へ

ビックカメラビットコイン取引所国内最大手のビットフライヤー(東京・港)と組み、今月7日から旗艦店の有楽町店(東京・千代田)とビックロビックカメラ新宿東口店(東京・新宿)でビットコインによる決済システムを試験導入しました。決済の上限を10万円相当としていますが、現金と同率でポイントも還元し、利用動向を見ながら、他の店舗への展開を検討するようです。

訪日外国人を狙った動きですが、日本の消費者への普及につながる可能性もあり、こうして投資が中心だったビットコインの利用が、店舗での決済手段に広がっています。

 

ビックカメラ×ビットフライヤーのキャンペーン詳細

f:id:btcinfo:20170411092221p:plain

 

【キャンペーン内容】

1. キャンペーン期間中に「ビックカメラ有楽町店」、または「ビックロ ビックカメラ 新宿東口店」で当社の iOS アプリ「bitFlyer ウォレット」を使ってビットコイン決済をした方先着 200 名様に 500 円相当のビットコインをプレゼントいたします。

2. キャンペーン期間中にかんたん店舗決済「bitWire SHOP ver2.1」に登録した方の中から抽選で 200 名様に 500 円相当のビットコインをプレゼントいたします。

【キャンペーン期間】
2017年4月7日(金)10:00 ~ 2017年4月19日(水)23:59(日本時間)

 

ビットコイン決済この夏26万店舗に!予想を上回る急拡大へ

 リクルート系も今夏をめどに、レジアプリ「Airレジ」がビットコイン対応となり、すでに導入されている26万店舗でビットコインも利用できるようになります。平成29年の仮想通貨ビットコインを使える店舗は、2万店舗に拡大すると予測されていましたが、夏頃には予想を遥かに上回る伸びを見ることになりそうです。

コインチェックまとめ

f:id:btcinfo:20170405202131p:plain

 

POS(販売時点情報管理)レジアプリ「Airレジ」とは

f:id:btcinfo:20170408194826p:plain

すでに26万店舗に導入されている決済システムレジアプリ「Airレジ」を提供する「リクルートライフスタイル」は、取引所のコインチェック(東京・渋谷)と組み、この夏、新たな決済方法へと乗り出します。

airregi.jp

Airレジとは、タブレットなど店舗の端末と消費者のスマートフォンスマホ)を使って決済すると、その額がビットコイン口座から引き落とされ、コインチェックが日本円に変換し、店舗に振り込む仕組みです。

POS(販売時点情報管理)レジアプリ「Airレジ」は、すでに小売店や飲食店を中心に全国の26万店が採用しており、会計や売上分析など、さまざまな機能が全て無料。初期費用も月額費用も無料で、クレジットカードやモバイル決済、Suicaなどの電子マネー、中国最大級の決済サービスである「Alipay(支付宝/アリペイ)」や「LINE Pay」にも対応しており、決済だけとしても利用可能な多機能アプリです。

今年の夏からは、利用している店舗側が希望すれば、ビットコインでも決済出来るようになり、これで一気にビットコイン決済の急拡大となる見込みです。

 

世界ではすでにビットコインの決済が拡大。日本はどう追いつくか?

f:id:btcinfo:20170408195048p:plain

 国内ではまだ馴染みが浅いビットコインでの決済方法ですが、以前の記事でも少し触れました通り、ビットコインは世界での利用者数がすでに2000万人を超え、月間取引高は12兆円に達しています。

これまでは決済利用者の8割以上が北米と欧州に偏っており、日本では外貨に両替することなく自分のビットコイン口座で決済できることから、海外での決済か、投資での利用が拡大していました。

国内ではまだビットコインで支払いができる店舗は現在4500カ所程度にとどまっており、現金以外ではSuicaや楽天Edyといった電子マネーの普及が先行していますが、今回のリクルート加盟店とビックカメラでの実店舗での決済導入によって、一気に26万店に急拡大しますので、今後日本でも、38万店のSuicaや47万カ所のEdyの規模に一気に近づきます。

まだまだ日本では利用度の低いビットコイン決済ですが、既に日本の法律では「ビットコイン=通貨」として認められており、今後さらに需要が広がると見られます。

www.btcinfo.site

 

 投資としてのビットコインはどう変わる?

ビットコインに対応する店舗が増えることで、ビットコインの口座を持つ消費者が増える可能性が高まり、当然ビットコインの価値も高騰すると期待されます。このように決済方法として拡大され実用化してくると、投資案件としてもさらに今後注目を浴びてくることは間違いないでしょう。

ビットコインでの投資は、ただ購入して売る以外にも「マイニング」という方法もあります。

少額からスタート出来て比較的安全性の高いマイニング会社「ビットクラブネットワーク」について興味のある方は、別記事で詳しくご紹介していますので是非、御覧ください。

www.btcinfo.site

 

 

 

【関連記事】

www.btcinfo.site

  

www.btcinfo.site